東欧トラックおばちゃん4

ユーロ・トラック・シミュレーター2(ETS2)でヨーロッパを駆けめぐる、ポーランドのペネロペ姐さん。第4回目です。

画像

ペネロペ姐さんのご尊顔。姐さんの運送会社の名前はIthaca Ltd.にしました。ペネロペといえばイタケ島ですからね。Ltd.は主にイギリスの会社につくそうで、ポーランドの会社なのにイギリス風の名前にしちゃった。

前回はカトヴィツェ(ポーランド)近辺のガソリンスタンドで夜明かしをしたところまでです。目標はハンガリーの都市、ペーチ。途中でブダペストに寄ってガレージを新設します。

画像

なんか原発の煙突より物騒な感じなのが出てきました。なにこのドームが密集してるようなやつ。虫の卵?

画像

ここで右折し、クラクフ・バンスカービストリツァ方面へ向かいます。バンスカービストリツァはスロバキアの街ですね。初耳ですが。ドイツ語だとノイゾール、マジャル語だとベステルツェバーニャだそうです。こう書いて「ああ、ベステルツェバーニャか」とか「ノイゾールね、なるほど」などと思う人はそうそういないんじゃないでしょうか。少なくとも自分は全て初耳です。

そうこうしてるうちにカルパティア山脈まで来てしまいました。山越えといえばヘアピンカーブ。

画像

やだ何このぐにょぐにょ。小腸? トレーラーでこの山道を通れと? ペネロペ姐さんに向かって言ってんのかそれ?

画像

言わんこっちゃない。こんなだ。仕方ないからあちこちに迷惑をかけながらタラタラと走っております。東欧いろは坂おそるべし。

画像

今ここ。このまままっすぐいけばブダペストです。道がグネングネンだけど大丈夫かしら。

画像

ちょっと脇見運転すると、遠くになんだか素敵な町並みが見えてきました。そういえばアニメ「魔女の宅急便」の主人公が住んだ街も東欧がモデルでしたっけ(クロアチアだったと思う)。「魔女の宅急便」を見るたびに、もうすぐここも共産圏に入るのかなー、と思ってしまいます。ぼくも東欧の街でトラックにニシンのパイを詰め込んで孫娘に届ける仕事をするんだ……

画像

国境だ! この国旗はスロバキアですね。

画像

標識にはSLOVENSKOなどと書いてあります。最初はスロヴェニアかと思ったぞ。

画像

遠方にスロバキアの町が見えてきました。あれはお城かな? 絶景です。

画像

踏み切りです。今回はそのまま徐行で横断しましたが、タイミングによっては貨物列車の通過待ちをすることもあります。ETS2、いちいち芸が細かい。

画像

町中に入ってきました。右に行くとスロバキアの首都、ブラチスラヴァです。今回は左折します。ちなみにWikipediaによると、ブラチスラヴァの名前は歴史家の読み間違いでつけられたみたい。

スロバキアの歴史家パヴェル・ヨゼフ・シャファーリクが中世の文献の解読の際にブラスラフ(Braslav)を誤ってブラティスラフ(Bratislav)と読み、そのまま発表したことがもとになり、スロバキア愛国主義者がプレスブルクのことをブラティスラヴァと呼ぶようになり、それが都市名変更の際に使われることとなった。


このままバンスカービストリツァを通り抜けて南下すれば、いよいよハンガリー、目的地の国です。だらだらしてるエントリが続きますが、もうしばらくおつきあいください。

"東欧トラックおばちゃん4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント