アクセスカウンタ

そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ

プロフィール

ブログ名
そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ
ブログ紹介
管理人のノポルです。みなさまようこそ。

自分の注意欠陥かつ多動でそれなりに困っています。
AD/HDに関しては、健康診断でその疑いがある、とだけ言われました。
診断はともかく、「どじ」「おっちょこちょい」「うっかりさん」であることは否定できません。
そんなそわそわした気持ちとなんとか折り合いをつけて生きてます。

落ち着きと集中力のない人間がどうやって生きているのか。どんな経験をして、どんな工夫をしてきたのか。そういう性格で嬉しかったことや悔しかったことは何か。
このサイトでは、落ち着きのなさや注意力不足に関するそんな話題を扱いたいなと思っています。

このブログは2005年5月7日に開始しました。さあ今度はいつまで続くでしょうか。
zoom RSS

東欧トラックおばちゃん

2017/10/19 02:09
ユーロトラックシミュレーター2(Euro Truck Simulator 2)っていう、すっげー面白いゲームをパソコンでプレイしている(Steamで買った)。ヨーロッパを拠点にした運送業者になり、トラックを運転してヨーロッパを駆け巡る、ていうやつ。もうとにかくただトラックに乗ってるだけのゲームなんだけど、異様な面白さがある。このゲームがしたくてグラボまで買ってしまったよ。


画像


ゲームをするにあたって決めたアイコン。ヨーロッパをうろうろ、といえばオデュッセウスでしょう。でもせっかくだからおばちゃんになってみたかったので(謎の願望)女性キャラにしたから、名前はペネロペ。オデュッセウスの奥さんです。

画像


会社の拠点はポーランドのポズナニに置くことにしました。ロシア東欧科の矜持です。今回はポズナニからベルリンまで壁のパネルを運搬する仕事を請け負いました。

画像


ベルリンまで運ぶことになった壁がこちら。これが世にいうベルリンの壁です。

画像


基地を出てさっそく引っかけました。運転手の日頃の行いが想像できますね。


画像


気を取り直して。市街地を運転しているとやたらロータリーが出てきます。東欧ではありふれたものなんでしょうか。

画像


だんだん暗くなってきました。直進でヴロツワフ、右折でシュチェチンです。どうせならキリル文字文化圏を拠点にしたかった……

画像


このゲートを越えると旧東独。ヨーロッパは地続きなんだなあと思い知ります。

画像


マグデブルグとかライプツィヒとかが出てきてテンションがうなぎのぼり。この時カーステレオからはアニソンが流れてます。日本のアニソンを流しながらポーランド〜ドイツ間を走るおばちゃんドライバー。リアルで探せば2人くらいはいそう(いても2人ぐらいだろう)。にしても道路が真っ暗。そういえば大昔、夜のオーストリアの田舎を走る車に乗ったことがありますが、あれも確かに暗かったような。

画像


Ausfahrtってドイツ語っぽい。きっと「出口」みたいな意味なんだろうね(検索すらろくにしてないけどたぶん合ってる)。

画像


お疲れ様、ベルリンまで無事に荷物を運ぶことができました。

ゲームとしてはトラックで荷物を運び、稼いだお金で新しいトラックを買ったり従業員を雇ったりして、運送会社を大きくする、というもの。でもそういうのはどうでもよくて、ただ音楽をかけながらだらだらと高速道路を走っているのがものすごく気持ちいい。今回は夜の高速道路だったけど、朝日を浴びながらひまわり畑の中をひたすら進んだり、急な雨に降られてワイパーを動かしながら街中を走り回ったりと、ヨーロッパの田舎や地方都市を満喫できます。そもそもこのゲームを作ったのはチェコの会社。どうりで東欧に強いわけだ。

画像

これが昼間のドイツの田舎。マグデブルグからカッセルまで粉ミルクを運んでいるところ。本当は昼前に届ける予定だったのに休憩所で寝過ごしてしまったので、このあと依頼主に罰金を払う羽目になります。

日本とか北欧なんかを走れる追加ダウンロードコンテンツも売ってます。ある程度ゲームに慣れてきたら「Going East!」というのを導入しようかなと。これを入れるとポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリーといった東欧・中欧を走れるそうな。セゲドとか行ってみたい(どこにあるのかも含めて予備知識は一切ない街だが)。続編でアメリカを走り回るゲームが出ているそうだが、そちらは自分でもびっくりするぐらい興味が沸かない(アウトラン2もアメリカコースそっちのけでヨーロッパコースを走ってた)。さしあたって東欧が走れれば満足。東欧、いいわー。

ほかにも思ったことはいろいろある。東欧や中欧の国が出てくるたびに研究室仲間の特定個人を思い出したりとか。まあそこはまた別の話。


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


生存確認

2017/10/05 02:13
すっげーひさびさにここに書いてみよっと。もう個人ブログなんて流行んないような気がするけどどうなんだろう。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


大逆転

2016/11/15 00:48
さっき対戦したネットチェスでものすごい大逆転をしたのがうれしくてたまらない。
ボビー・フィッシャーの本をチマチマ読んでいた甲斐があった。
あと勝負事は最後まで投げちゃだめだなやっぱ。

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


14歳の音楽

2016/07/12 00:37
「クリミナル・マインド」っていう海外ドラマをよく見ている。頭のいい人たちがプロファイリングをしながら犯罪者を追い詰めていくやつ。

その中で「14歳の時に聴いた音楽が人生の中で一番心に残る」とかそんなセリフがあった。その時を過ぎても新しい音楽に感動することはあるが、14歳のときの感動にはもうかなわない。たしかリードさん(そういう人物がいるのです)が言ってたと思う。

自分にとっての「14歳の音楽」は、間違いなくこれ。矢野顕子がアレンジした、パット・メセニーの「It's For You」だ。アルバム「WELCOME BACK」所収。



小学校高学年〜高校生ぐらいのときは矢野顕子をハマリ聴きしてたが、中でもこの曲はブッチギリで心に残っている。ピアノってすげー! 音楽ってすげー! と思ったもんだ。

あとついでに「14歳の音色」だとたぶんMSXのPSGです。
「ブタ子のテーマ」↓なんて今聴いても泣けてくる。


自分の文化世界の最下層の一つにこの曲とこの音色がある、というのを踏まえて、今よく聴いている音楽を思い浮かべてみると……あんまり関係ない感じ? ピコピコテクノポップとかは好きだけど、うーん。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


選挙

2016/07/10 18:24
頼むからみんな選挙行って……
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


憲法の話

2016/07/07 15:49
ちょっと政治の話します。

「憲法」って何か、ちゃんと説明できますか。大まかにでも「こういうもんだ」と言えますか。
中学生とか高校生とかに「憲法って何?」ていう話をすると(そういう機会があるのです)、かなり多くの人が「絶対に守らなくちゃいけない法律」とか、意味もわからずに「サイコーホーキ」とかいい始めて微笑ましくなります。そして微笑んだ後ですごく怖くなります。

憲法っていうのは、ごく簡単に言うと、この国はこういう国ですよ、ということが書いてある「国に対して言える文句のカタログ」みたいなもんです。国が法律を作って国民はそれを守る。一方でおかしな法律ができたとき、国民は憲法を手にとり、国に対して文句を言う。そうやって使えます。

たとえば国が「好きな場所に引っ越してはいけません」という法律を作ったら、国民は「『日本は引っ越し自由な国です』って憲法に書いてあるだろ!」と国に文句を言うことができます。そういうもの。

政府っていうのは、暴走します。今の自民党政権がとかそういう問題ではなく、一般的に「政府っていうのは、暴走します」。国民を雑に扱うようなルールを作ったり、実際に雑に扱ったりします。そうさせないように、国に対して守らせるものが憲法です。国民が守るものではありません。

今の日本では、改憲を訴えている政党がかなり力を持っています。でも彼らの憲法草案を見ると、血が凍る思いがします。政府が自由に暴走できるように、国民を縛ろうとしているものが多く見られます。詳しくはこの『改憲も悪くないんじゃないかと思っているあなたに知ってほしい7つのこと』を読んでください。上に書いたのと異なる憲法観に基づいて、国の憲法が書き換えられようとしています。

EU離脱の後、イギリスでは多くの人が「EUとは何か」をあわてて検索しているそうです。離脱したことに後悔する人も多くいるとか。日本で憲法が書き換えられたとしても、たぶんそういう道をたどるでしょう。最悪のシナリオだとこう。

なんかよくわかんないうちに憲法を書き換えました→「ところで憲法って何?」→調べる→「ああ、憲法ってそういうものか!やばいじゃんこれ」→「憲法変えたのって、早まったんじゃね?」と友人などに話す→そのまま国の改憲を批判する発言→「公の秩序」を害したとして逮捕。


○○に投票してください、みたいなことを訴えるつもりはありません。でも、ぼくを個人的に知っている人たちへ心からお願い。上のウェブサイトを参考にし、実際に憲法草案を読んで、「憲法が何なのかは知っておいてください」。その上で、ぜひ選挙に行ってください。

自分がブログを始めたときは「政治の話と人の悪口は書かないようにしよう」と思っており、それは基本的に守ってきたつもりですが、政治の話をしてはだめな理由がだんだんわからなくなってきたのと、今の政治状況がかなりヤバいのとで、少し解禁。

選挙いこうねホント。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いなくなる猫の話

2016/06/17 23:44
はませのりこ『ねこ背を治したいにゃー』↓を読み、すごい勢いで猫背が治り中。



猫背を何とかしたいなあと今まで何度か思ったことはあったのだが、どうしてもうまくいかなかった。でもこれを読んだらいろいろ見えてきた。

悟りを開いたこと:
・猫背は「背」っていうけど、どちらかというと猫背は結果。問題は骨盤とか重心とかの方にある。
・骨の使い方が不完全なのに、筋力だけで姿勢を直そうとするから猫背が治らない。
・自分にとって猫背はアイデンティティの一部になりつつあったらしく、背筋が伸びるにつれて卒業式が近くなっているような寂しさを感じる。

根本原因が別にあるのに、目に見える結果だけを何とかしようとしても効果は得られない。正しい「鉛筆の持ち方」や「英語の発音の仕方」を知った時も深く感動したものだが、今の気持ちもそれに近い。

というわけで、『ねこ背を治したいにゃー』をチラチラ読み直しつつ猫背矯正にいそしんでいます。こうやって立ったり座ったりすればよかったのかー。もっと早く知りたかった。

さようなら猫背。にゃーん。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる