テーマ:ロシア

他人の不幸を喜ぶ

 しなくちゃいけないことから逃げ回ってます。 --------  ドイツ語にはSchadenfreudeという言葉がある。シャーデンフロイデ。意味はまあこんな感じ。他人の不幸を見たときに感じる喜びのこと。  これロシア語にもあるぞ。злорадство(ズララーツトヴァ)。他人の不幸を喜ぶこと。これが動詞になるとзлорадств…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看板が出てた

 テロリストに殺された女の子の歌(さわやか)(ロシア語(Subtitlesで日本語字幕選択可能(日本語字幕は多少誤訳がある(×未完成→○食べさし、とか)))) --------  不動産屋の前を通りかかったら、「空あります」という看板が出てた。  そら あります  ストレートすぎて言われたことない。ちょっとハッとした。見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かわいくない女の子

 カエルみたいな女の子がいた。  小汚いシャツの裾をズボンにねじ込んで、にんじん色の髪の毛はクシャクシャだった。ひどい歯並びの大きな口。おどろくほどブサイクな子だ。  一緒に遊んでいた二人の男の子は、パパに自転車を買ってもらった。だから今日はお昼になっても家に帰らずに広場で追いかけっこ。女の子も大はしゃぎして二人の後を駆け回る。まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセ日本語

 職場に傘を忘れてきた。 --------  ロシアのお笑いってどんなかなあと思って何となくみてたらこんなのがあった。タイトルを意訳すると「驚異の国 日本」になるのかなあ。ロシア人がニセ日本語でまくしたててる。そしてやっぱりそのオチか。  ずいぶんとマッチョな雰囲気だが、ぼくらはこういうイメージらしい。いやだなあ。みらさら、ごんぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんこんが

 印象は「インドゾウ」の略だと考える。彼はとてもおだやかなインドゾウでした。後期インドゾウ派。 --------  香港はラテン文字表記だとHong Kongだ。ロシア語だとГонконгと書く。 ・ロシア語にはHの音がない。ハ行の音は大体ガ行になる。ハンバーガーは「がんぶるげる」だし、ハリー・ポッターは「がりー・ぽってる」だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何かあったんですか

 とりあえず今はお勉強の合間に倉橋ヨエコを聴いたり小山田いくを読んだりしてます。どちらも大変によいので近いうちに改めて紹介します。 --------  大学をウロウロしていたら、渋谷の上空で赤いヘリコプターがホバリングしてて、その周りを他のヘリコプターがトンボみたいにわらわらと飛んでた。  そのへんに腰かけてまったりしてる学生さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むしろパンティ

 失くした時計が意外なところから出てきてごきげん。 --------  ロシアでは三平方の定理のことを「ピタゴラスのズボン」ということもある。たしかにズボンっぽいが∠Rの記号を書き込むとむしろパンティ。  ふと思い出した。ピタゴラスって豆を触ったらすげー怒るんだぜ。マジ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必要以上にそっくり

 寝てたら柴犬まるに目玉を舐められた。リアルの犬は何するかわからない。 --------  中国で必要以上にそっくりな遊園地が物議を醸しています。  ところで、だいぶ前に注文したロシアの本がごっそり届きました。その中にこんな本があるんですがいいんですか。必要以上にそっくりですがどうなんですか。  許可なんて取ってないだろうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チマチマ

 春が嫌い。特に4月はダメ。駐車場にも病室にも4がないんだから4月もなくそうぜ。 --------  本屋でアルバイトをしている人に聞いた話。お客さんが本を買う時、店員は普通ブックカバーをつける。最近、そのブックカバーの折り方をミリ単位で定め、レジ係がみっちり練習することになったそうだ。社員さんが見ては「うーん、あと1ミリ外側だな」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花の罪と罰学園

 仕事サボって作った。あきらかに話が変わってる。 見たいような見たくないような。  ロシア文学に造詣の深い某女性によると、ラスコーリニコフとラズーミヒンのカップリングはグッとくるものがあるそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロゲでロシア語(失敗)

 なんとなく身体がダルい。 --------  日本のエロゲがロシア語訳されてロシアで売ってるらしい。買おうと思ったら国外発送してないんだって。残念。  少し前に、イラクに派遣されるアメリカ兵のドキュメンタリー番組を放送していた。兵隊さんたちがパソコンに向かってアラビア語をお勉強していたが、画面には会話をする兵士の動画と字幕が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤の広場

 すごく軽い力で綴じられるホチキスを買った。そこらへんにあるものを片っ端から綴じたい。 --------  モスクワの中心にある広場は「赤の広場」という。ロシア語だとКрасная площадьだ。留学してたときは用もないのにここをブラブラするのが好きだった。  краснаяの発音は「くらーすなや」。「ら」は巻き舌にするとさら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星の王子さま

 お酒を飲むとものすごく頭が痛くなる --------  数年前に買ったロシア語フランス語対訳の『星の王子さま』をチンタラチンタラ読んでるが、辞書を引くたびにアニメの主題歌を歌ってしまう。ちびの頃、『星の王子さま』のアニメを再放送してて時々見てたんだよ。 ・『ピューと吹く!ジャガー』のジャガージュン市って星の王子さまがモデルだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビの後ろ

 以前にも紹介したブッ壊れPVを何となく見ていたのだが、これの後ろにあるのってサンクトペテルブルクのキリスト復活聖堂だよね。屋根の上に十字架っぽいのもあるし。(聖ワシーリー寺院かな?) --------  テレビのアナウンサーが「テレビの前のあなた!」と言ってた。その時ぼくはテレビの後ろに回ってごそごそ作業をしていたので笑った。ぼく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボラボラボラボラボラーレヴィーア(伊)

 同じ服ばかり着てるけどどうでもいいや。 --------  『ジョジョの奇妙な冒険』の5部でナランチャがボラボラボラボラ……ボラーレヴィーア(Volare via!)っていってるけど、あれがロシア語だったらウレウレウレウレ……ウレターイ(Улетай!)っていうんだろうなあと思う。  ついでにブチャラティがアリアリアリアリ……ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア人の智慧

 大学を歩いてたら黒猫が前を横切った。猫きらいだー。 --------  迷信といえば。  家を出てからサングラス(メガネのぼくはクリップオンを愛用)を忘れたことに気づいて、取りに戻った。  こうやって忘れ物に気づいて家に取りに戻ったときは、もう一度出かける前に鏡を覗かなくてはならない。これはロシアの迷信。  ロシアの迷信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諸行無常

 もう夏が終わるのかよ!早すぎ!あと2カ月ぐらい夏でいい! --------  専門店が倒産した。インターネットのせいだというが、確かにぼくもこの店のカタログを貰ってきては、それを見ながらインターネットで直接あちらの国のオンライン書店に注文する、ということを繰り返してたからなあ。  それでもショック。専門書や古い本なんかについては…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アルミホイル味

 これが高校野球で地元が優勝したときの心境かー(ぼくは西の東京人(リンク先の下の方)) --------  ちびの頃、四角い電池の電極の部分を両方とも舌に当てて舐めると変な味がするのが面白くてよくやってた。苦いでも辛いでもない、何て説明していいのか分からない謎の味。しばらくそれを続けていると舌の先の感覚がなくなるのも面白かった。今は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韻文→韻文

 自分としては早起き。 --------  高校の漢文の授業で、好きな漢詩を探してきてそれを日本語の韻文にする、という課題が出た。五言絶句とかを短歌にしたりするのだ。いかにも教養を身につける授業という感じがして妙に楽しかった。最近になって井伏鱒二の詩集を読んでて思い出した。  ということでまたやってみる。  ダニイル・ハルム…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ロシア暴力事件と思い出

今日一日、落ち着きと集中力がほぼゼロ。今も後頭部が熱持ってて、走れといわれたら全力でダッシュできる状態だ。 Весь день я был почему-то беспокоен. Даже сейчас я мог бы бежать. -------- ロシアから怖いニュースが。 ぼくが留学していたころにも、ネオナチなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単語祭り開催中!

ただし自分だけ。 仕事が一段落したので、溜めまくったロシア語単語カードを総チェックしてる。 溜まったカードを束ねると30センチ近い厚みになる。 やっとこさ20センチくらい見終わったんだけど、そのうち10センチくらいは覚えてなかった。 これさあ、よくRPGゲームとかの画面の脇にある棒グラフと同じだよね。 能力値が長さで表さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

上中下

2005年5月29日現在の話。 Amazonで「ロシア文学」を売れてる順にソートしたら、2~4位がドスト氏の『罪と罰』だった。それはいいけど3冊のなかでは中巻が一番売れてない。 5~7位は『カラマーゾフの兄弟』だが、やはり中巻が7位になっている。 まさか上下2巻本だとは思ってないだろうな(汗
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ロシア文学(牛)

「夕刊フジ」で五木寛之がロシア文学について何やら語っていた。重厚長大なロシア文学なんざ今どき流行らない、そもそも誰もロシアに関心を持っていないじゃんか、みたいなことが書いてあった。 そのエッセイに添えられていた写真は、水牛だった。 これはなぜ。ロシア文学は水牛のように重苦しくて難しい、てことか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more