テーマ:音楽

14歳の音楽

「クリミナル・マインド」っていう海外ドラマをよく見ている。頭のいい人たちがプロファイリングをしながら犯罪者を追い詰めていくやつ。 その中で「14歳の時に聴いた音楽が人生の中で一番心に残る」とかそんなセリフがあった。その時を過ぎても新しい音楽に感動することはあるが、14歳のときの感動にはもうかなわない。たしかリードさん(そういう人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディラン効果

本屋にいくとうんこがしたくなることを「青木まりこ現象」というが、ある音楽がひたすら頭の中でハードリピートされることを「ディラン効果」というらしい。 で、最近ぼくの頭の中をぐるぐる回っているのが石川優子の「ドリーミー・ドリーマー」という曲。アニメ「燃える!お兄さん」のオープニング曲だ。 なんでこの曲なのかまったく不明で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前にクラシック音楽のエントリを書いてからずっとクラシック音楽を聴き続けてる。われながら単純だ。 一番のお気に入り、ガーディナーさんのモツレクのCDがどっかいっちゃったので、今回はヤケクソになってムーティーさんのを買ってみた。 ↓ガーディナーさん。お気に入り。 ↓ムーティーさん。まだあんまり聴いてないから楽しみ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック音楽を時々聴く。そこまで好きでもないけど、聴いてて退屈とかつまんないとかも思わない。こういうのなんていうんだっけ。ライトユーザー? Windowsでたとえるとコントロールパネルの存在すら知らない程度の付き合いだから楽団とか指揮者の名前とかほとんど分からないのだが(特に楽団)、それでもだらだらと長く聴き続けているとお気に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おそらく誰に話しても信じてもらえない話、というのがいくつかある。ぼくのおじいちゃんがキツネに化かされた話とか、おばあちゃんがお風呂屋さんの帰りに人魂を捕まえた話とか。 そういうのとはちょっと毛色が違うが、ぼくしか知らないアイドルがいる。 高校2年生の冬。猛烈な熱を出して寝込んだことがある。昼間からずっと眠っていたので夜中に眼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分類アイデア求む

ここ10年以上かけてハードディスク(今はSSDだけど)に入れてきた音楽があまりにも多くなって収拾がつかない。 今のぼくが使っているX-アプリなるソニーの音楽管理ソフトは勝手にジャンル分けしてくれるのだが、そのジャンルがもうめちゃくちゃ。映画のサントラCDごとにOSTとサウンドトラックとサントラとサントラ(一般)とかジャンル分けするの勘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特報首都圏

NHKの「特報首都圏」のテーマ曲が好きだ。 なんだか現代社会の不安がそのまま女の声になったみたいで、聴くだけで心が雲母のように薄くはがれる気がして非常に心地いい。首都圏に住んでいるのなら、曲を聴けば「あああれか」と思うはず。ここからてきとうに探してくれろ(ただしぼくの環境では再生できなかったので未確認)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Island of Hope and Tears

誰もが知るべき、ものすごい名曲の紹介。 ぼくは「もう二度と会えない生き別れ」を扱った作品にものすごくグッときます。たとえば「異世界とつながっていた通路がふさがる」とか「通信手段がほぼない時代に辺境へ移住させられる」とか。マンガでいえばドラえもんの『のび太の宇宙開拓史』や『銀河鉄道999』の最終場面にあるような別れ方です。『金色のガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

哀愁のエンディングB面

哀愁のエンディング、続きです。今度はぼくの主観を丸出しにします。思い入れがあるものほど後にくるように並べてみます。 ◇Bugってハニー なんなのこれ、と思うかもしれませんが、ぼくもそう思っています。なんなのこれ。 当時は高橋名人というのが大ブームになっていました。高橋名人はハドソンの社員で、一秒間にファミコンボタンを1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁のエンディング番外編

小学生~中学生のときに大好きだったゲーム、ハイドライド3のエンディングです。 ハイドライド3はあまりにも好きすぎて、Windows版を2本買いました。今でも気まぐれに遊んだりしてます。 ぼくが遊んだのはMSX版。それはそれはチャチいゲーム機です。 音楽なんて矩形波1色3和音のみ。 このゲームの曲も、どう聴いてもスカスカで未完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻唄

弟との会話。 弟「報道ステーションの曲ってどんなのだっけ」 ぼく「♪~」 弟「それってズームイン!!朝じゃない?」 全然違う曲だと思ったあなた。報道ステーションのジングル(CMに入る直前の曲)とズームイン!!朝のオープニング曲を鼻唄で歌い分けられますか。実は意外と似てるぞ。 [参考] これは報道ステーションだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃墟

 壊れたピアノで大昔に練習した曲を弾き直してみた。だいたいどの曲も冒頭数小節と、特に好きだった箇所しか弾けない。  なんだか自分の身体の中に遺跡や廃墟がたくさんあるみたいだった。廃墟や遺跡の間をそぞろ歩きするのも、たまにはいいものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽的にはもっと面白く

 ここ数日くらい、ものすごーくピアノが弾きたいです。でも家のピアノは調子が悪い。修理費用の積み立てかー。  高校生の時にピアノ教室の発表会で弾いた曲↓  特にこれがまた弾きたい。ひさしぶりに聴き直してみると、当時よりいろんなことが見えてる気がする。「ああ、これってこういう曲でもあるんだ」という発見がいろいろあった。たぶん今弾いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花とダンス

 こんなことしてる場合じゃないのに。 --------  倉橋ヨエコの楽曲「ロボット」。  人と会うのがものすごーく怖いんだなあ、と思わせる歌です。  ♪悲しいダンスを自由に踊れず 今夜も振り付けをぎこちなく習う♪  で、この曲からしばらくして、倉橋ヨエコ本人がこのアンサーソングを作っています。「花とダンス」です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲「円盤旅行」

 今回はいつにもまして外部リンクが多いです。 --------  あのひと検索とかいうので福間未紗を調べてみたらちゃんと登録されてた。動画を見ると名曲「円盤旅行」が。アニメは後付けみたい。別にオフィシャルPVではないけど本人は歓迎しているようだ。  あらためて聴くとほんといいな。超未来の人間が空想した昔の日本の儀式ってこんな雰…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハートわしづかみ

 ラテン語をぶつぶつと読みながら電車に乗ってたら、それはぼく。 --------  論文の締め切りがめちゃくちゃ近い時期だが、福間未紗のライブのチケットを買った。  福間未紗はここから試聴ませ。  もともとぼくが福間未紗を知ったのは10年以上前の偶然。なんとなーく吉祥寺を歩いてて、なんとなーくCD屋さんに入って、なんとなーく試聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対人恐怖の人の歌

 シャーペンの芯を踏んづけて足に刺した。いーたたたた。 --------  倉橋ヨエコの「ロボット」(ニコニコ動画だからアカウントがないと見られない)は、もうモロに対人恐怖の人の歌だ。人に会うとガチガチに緊張する。自分がどう見られているかが気になって怖くて動けない。だから動作はどうしてもぎこちなくなる。それこそロボットみたいだ。必死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『音楽のおくりもの』

 柴犬まるに言いたいのだが、「お手」と「おかわり」をするときは座った方が楽だよ。 --------  中学生の時にMSXで編曲していた音楽のファイルが出てきた。小学校~中学校にかけては、MSXポケットバンク『音楽のおくりもの』を参考にしながらMSXにいろんな楽譜を入力したもんだ。FM音源も少しいじったけど、基本的にはPSGを使った。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上京ソング特集

 時々上京ソングを聴く。ぼく自身はずっと東京人なので、上京の経験はない。別に憧れもしない。ただ、ぼくの持っている音楽を何となく眺めていたら、けっこう上京ソングがあることに気づいた。  そこで今回は久々の長文で上京ソングレビュー特集です。それぞれの曲で歌詞をピックアップしてみました。また、ブログの特性を生かして、かなりいろんなリンク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カクテルパーティ

今はなんて言う曲だか思い出せないけど、ヘッドホンで聴くたびに「はい?」と後方に向かって返事をしたくなる曲がある。なんか自分の名前が遠くの方で呼ばれているかのような声がするのだ。実際に何度かヘッドホンを外して「何か呼んだ?」と家族にたずねたりしている。勘弁してくれ。 椎名林檎の「おだいじに」も最初に街中で聴いたときには急に話しかけられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福間未紗・雅楽

福間未紗というアーティストがいる。彼女の音楽がものすごくよいのだが、現在活動休止中なのが残念だ。 今日は仕事をしながら雅楽を聴いていた。越殿楽とか。ぷわー。 それで雅楽のことがいろいろ気になって調べてたら、雅楽の楽譜とMidi音源が見つかった。リンク先で下の方に並んでいるボタンをクリック。 さあここからが今日一番いいたいこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more