テーマ:MSX

14歳の音楽

「クリミナル・マインド」っていう海外ドラマをよく見ている。頭のいい人たちがプロファイリングをしながら犯罪者を追い詰めていくやつ。 その中で「14歳の時に聴いた音楽が人生の中で一番心に残る」とかそんなセリフがあった。その時を過ぎても新しい音楽に感動することはあるが、14歳のときの感動にはもうかなわない。たしかリードさん(そういう人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャーリーゲーム

知り合いの高校生に「チャーリーゲーム」というのを教えてもらった。鉛筆を二つ重ねて置く、テーブルターニングの遠い親戚みたいなやつ。メキシコ版こっくりさん。 その話を聞きながら心の奥底でずっと「チャーリーのゲームって言ったらサーカスチャーリーだろ」とツッコミを入れまくり、脳内ではあのゲームシーンがハードリピートしてた。 サーカスチャ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

夢のようなニュース。 あの神ゲー、LA-MULANAに続編が出るそうです。 そのティザーサイトはこちら。 LA-MUNALAは思春期をあたらMSXとともに過ごしちゃったおっさんおばさんは絶対にプレイすべき名作ゲームです。「あのころのゲームは今より面白かったなあ」という根拠のない偏見に縛れらている人は、きっと大満足することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近「へー」と感動したこと

最近「へー」と感動したこと。 Windowsに付属している「スパイダソリテア」の上級は解ける ずっとあんなのは解けないと思っていた。でも何とかなった(ただし100~150回に1回くらいしかできないが)。ということはきっと、MSX版ロードランナーIIの後半のステージも解けるんだろうなあ(MSX版ロードランナーIIに関してはいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルマジロ

PC買い換えた。Windows 7が動いてる。 とりあえずものすごく快適。 小学生の頃、MSXポケットバンクという書籍シリーズを愛読していた。その中に『とにかく速い マシン語ゲーム集』というものがあった。「マシン語を勉強したての読者はイモムシで、この本は葉っぱの集まりだ」「マシン語は高等数学のように難しいというより役所の手続のよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ふーっと

中学生と話をする機会があった。今の中学生はなにをして遊んでいるのかなあと思い尋ねてみた。 中学生「ファミコンです」 ノポル「?」 中学生「ファミコン」 ノポル「?! なぜにいま」 中学生「あの粗い画像が好きなんですよー。うまく動かなかったらカセットの差込み口をこう」 ノポル「ふーって」 中学生「そう、ふーって」 ノポ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

LA-MULANA

もうすぐ発売されるLA-MULANAというゲームだが、これはぼくの今までの人生で遊んだゲームの中でもぶっちぎりトップの面白さ。発売前なのになぜ面白さを知っているかというと、このゲームは少し昔にWindowsのフリーソフトとして公開されていたのだ。これだけのためにWiiを買おうと考えてるほどに楽しみ。 特にMSXで育ったおっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『音楽のおくりもの』

 柴犬まるに言いたいのだが、「お手」と「おかわり」をするときは座った方が楽だよ。 --------  中学生の時にMSXで編曲していた音楽のファイルが出てきた。小学校~中学校にかけては、MSXポケットバンク『音楽のおくりもの』を参考にしながらMSXにいろんな楽譜を入力したもんだ。FM音源も少しいじったけど、基本的にはPSGを使った。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more