そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨大なはてなマーク

<<   作成日時 : 2008/03/31 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 サングラスを忘れた。
−−−−−−−−
 駅から見て家は北方向にあたるので、夜は北斗七星を見上げながら帰ることがある。
 時々それが巨大なはてなマークに見える。あの大きさのはてなマークは怖いぞ。なんかものすごく根源的なことを問いかけられてる気がする。詳しくは書けないけど、ちょうどそのはてなマークの下あたりはちょっとした曰く付きの土地なので尚更。
 哲学とは星を見ることです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それを目にされる時間帯は結構遅い時間帯ですよね?(回転の計算は面倒なのでしていませんが。)
北斗七星といえば、二連星がどこにあるかをセットで覚える「大熊のしっぽ」という小ネタがあります。
ちなみに、しし座の頭部は逆はてなマークなので(ちょうど心臓部のレグルスが?の点に該当)、天文台の子ども向け観測会などによっては「なてはマーク」と呼んでいますよ。
長月
2008/04/01 09:41
いつごろだったかなあ。遅い時間かも。今度気にしときます。
実は星座ってあんまり知らない。夏の夜にでっかい三角形があるけどあれがそれぞれ何座なのかも分からない。そういえば自分は牡羊座なのに牡羊座を見たことがないぞ。

海で見た蠍座は大きかった。あの感動は今でも思い出せる。星座じゃないけど、家族総出で金星が月に食われるのを見ていたのも覚えてる。

あとどっかの高校で、穴をあけた黒ビニール袋で作ったプラネタリウムに入ったこともあった。あれもなんだか楽しそうだなあと思って感動した。
ノポル★管理人
2008/04/02 02:29
月のない、よく晴れた冬の明け方にさそり座を見ることができます。
それは、遠い夏に思いを馳せるひとときです。
Jaclyn
2008/04/03 23:46
人間は森羅万象あらゆるものに名前をつけるけど、いちばん文学的だなあと思うのが植物の名前。次が天体がらみの名前です。明け方と夕暮れの金星に別の名前をつけたり、月を「座って待つ月」とか「横になって待つ月」って呼んだりする感性が大好きです。だからフシマチサソリザにグッときました。

でも星はロシア語で「ずべずだー」といいます。日本語の語感だと泣けてきます。
ノポル★管理人
2008/04/04 02:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨大なはてなマーク そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる