たくあんの切る方と性格の関係についてコメント求む

たくあんを切ったとき、下の方が全部つながってるような切り方をする人は、ヤキモチ焼きです。
たまに料理を手伝ってそういうたくあんを出すと、「あんた、ヤキモチ焼きだね」と母にいわれたものです。

そういう言い回しをしてた家ってありますか。そして何かいわれとか故事とかあるのですか。
ぼくの周囲(といっても二人)では、そんな言い方は初めてだ、という反応でした。
家の中で伝わっていく定番つっこみとしては、知っていて面白いと思います。
他によく聞かされた定番つっこみに「梶原氏だね」てのがありました。イソップのこうもりさんと同じ意味です。梶原景時です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

suneokun
2016年07月05日 19:20
小津安二郎監督の映画「晩春」の中で、原節子演じる紀子さんが自分はヤキモチ焼きで、その理由は自分が沢庵を切るといつもつながってるんですと言っているシーンがあるのを、おかあさまはご覧になってたのかもしれませんね
2016年07月05日 22:29
コメントどうもありがとうございます。

なるほど、小津映画が出典の可能性はありそうです。一方ですでにそういう言い回しがあったからこそ、映画でも取り上げられたという一面もありそうです。映画を作る人とみる人との間に、「たくあんがつながっているのは焼き餅焼きだ」という共通理解がすでにあったとか。興味は尽きません。

それにしても、すてきな情報提供を受けて今すごく感動しています。まさか11年の時を超えて疑問の答えが得られるとは思いませんでした。本当にありがとうございます。すばらしいです。

この記事へのトラックバック