そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法の話

<<   作成日時 : 2016/07/07 15:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと政治の話します。

「憲法」って何か、ちゃんと説明できますか。大まかにでも「こういうもんだ」と言えますか。
中学生とか高校生とかに「憲法って何?」ていう話をすると(そういう機会があるのです)、かなり多くの人が「絶対に守らなくちゃいけない法律」とか、意味もわからずに「サイコーホーキ」とかいい始めて微笑ましくなります。そして微笑んだ後ですごく怖くなります。

憲法っていうのは、ごく簡単に言うと、この国はこういう国ですよ、ということが書いてある「国に対して言える文句のカタログ」みたいなもんです。国が法律を作って国民はそれを守る。一方でおかしな法律ができたとき、国民は憲法を手にとり、国に対して文句を言う。そうやって使えます。

たとえば国が「好きな場所に引っ越してはいけません」という法律を作ったら、国民は「『日本は引っ越し自由な国です』って憲法に書いてあるだろ!」と国に文句を言うことができます。そういうもの。

政府っていうのは、暴走します。今の自民党政権がとかそういう問題ではなく、一般的に「政府っていうのは、暴走します」。国民を雑に扱うようなルールを作ったり、実際に雑に扱ったりします。そうさせないように、国に対して守らせるものが憲法です。国民が守るものではありません。

今の日本では、改憲を訴えている政党がかなり力を持っています。でも彼らの憲法草案を見ると、血が凍る思いがします。政府が自由に暴走できるように、国民を縛ろうとしているものが多く見られます。詳しくはこの『改憲も悪くないんじゃないかと思っているあなたに知ってほしい7つのこと』を読んでください。上に書いたのと異なる憲法観に基づいて、国の憲法が書き換えられようとしています。

EU離脱の後、イギリスでは多くの人が「EUとは何か」をあわてて検索しているそうです。離脱したことに後悔する人も多くいるとか。日本で憲法が書き換えられたとしても、たぶんそういう道をたどるでしょう。最悪のシナリオだとこう。

なんかよくわかんないうちに憲法を書き換えました→「ところで憲法って何?」→調べる→「ああ、憲法ってそういうものか!やばいじゃんこれ」→「憲法変えたのって、早まったんじゃね?」と友人などに話す→そのまま国の改憲を批判する発言→「公の秩序」を害したとして逮捕。


○○に投票してください、みたいなことを訴えるつもりはありません。でも、ぼくを個人的に知っている人たちへ心からお願い。上のウェブサイトを参考にし、実際に憲法草案を読んで、「憲法が何なのかは知っておいてください」。その上で、ぜひ選挙に行ってください。

自分がブログを始めたときは「政治の話と人の悪口は書かないようにしよう」と思っており、それは基本的に守ってきたつもりですが、政治の話をしてはだめな理由がだんだんわからなくなってきたのと、今の政治状況がかなりヤバいのとで、少し解禁。

選挙いこうねホント。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法の話 そわそわブログ♪〜(・∀)ノシ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる